格安SIM 最安

 

格安SIMのメリットと言えば、キャリアに比べて各段にスマホ代が安いところです。

 

データ通信容量が少ないほどより安く、通信容量が多いほど高い料金になっていますが、データSIMなら月額500円ほどで使用できるものも多いです。
低速通信固定で通信し放題など、格安SIMの中でも特に安い料金のものには安い理由があります。

 

普通に通信しようとしても容量が足りなくなってしまったり、低速通信固定で動画が見難いなど不便に感じるかもしれません。

 

ですから、容量が少ないものや低速通信固定のデータプランはWi-Fi通信との併用がおすすめです。
Wi-Fiを使うとデータ通信容量は消費されず、高速通信のような快適な速度でブラウザやアプリの利用ができます!
特に、低速通信固定で通信し放題のSIMは、高速に切り替えることができないためWi-Fiがないとストレスになるでしょう。

 

ここからは特に安いプランを組んでいるMVMOと、低速通信固定で使い放題のプランがあるMVNOをご紹介します。
イオンモバイルの0.5GBデータプラン、DMM Mobileのライトプラン、楽天モバイルのベーシックプランです。

3つを安い順に紹介

 

DMM Mobile

ライトプラン月額440円

 

格安SIMを取り扱うMVNO業界の中で最も安価なのは、こちらです。

 

注意点としては、低速通信固定なので通信速度が200kbpsであるところです。
テキストメインのサイトを見る程度でブラウザをあまり使わない方、LINEでメッセージのやりとりをする程度という方はこちらがおすすめです。

 

DMM Mobileにはバースト機能があるため読み込み開始の一定量は高速通信になるため、頻繁に使わない方ならば問題なく利用できます。

 

また、DMM Mobileの中で最も安い高速通信は480円、容量が1GBのプランです。
どちらもお得なので、使い方に応じて選びましょう。

 

DMMモバイル

 

 

イオンモバイル

データプラン0.5GB 月額480円

 

DMMよりも40円高くなりますが、イオンモバイルは高速通信で0.5GBまで通信できます。

 

イオンモバイルのメリットはデータ通信でも通話可能なIP電話のかけ放題プランがあるところです。
また、全国のイオン店頭で購入できるため、スマホに不慣れな方や格安SIMを初めて使うという方に向いた格安SIMになっています。
取り扱っているスマホには日本製の機種も多く、スマホデビューしたいシニア世代に人気が高いです。

 

0.5GBを超えると通信制限になるため低速通信になりますが、チャージして高速通信に戻すことが可能です。チャージ分は翌月末まで繰り越して使えます。

 

イオンモバイル

 

 

楽天モバイル

ベーシックプラン月額525円

 

ベーシックプランは、低速通信固定なので通信速度は200kbpsです。ご注意ください。
また、525円ということで上記で紹介した格安SIMの料金と比べると高くなっています。

 

楽天モバイルのメリットは、楽天市場を利用すると貯まる楽天スーパーポイントで支払えるところです。
1ポイント1円として使えるため毎月525ポイント貯まっていれば、実質無料でスマホを持てることになります。

 

また、楽天モバイルを使うと楽天市場で貯まるポイントが随時2倍になります。

 

楽天モバイル