格安SIM 種類

こちらでは格安SIMの種類について説明していきます。
格安SIMは、使用できる機能、カードの大きさ、回線の3つの違いに分かれています。
使いたいスマホにあった大きさや回線を選びます。

 

使用できる機能の違い

 

格安SIMは、全てモバイルデータ通信が行えるようになっており、インターネットで何かを検索する、SNSを見る、SNSを投稿するといったことができます。
スマホにはアプリがあるのでゲームアプリの利用や、公式アプリでクーポンを使えますね。これらは圏外になると使用できなくなるため、SIMを入れて通信可能にします。

 

そしてもう1つ、こちらが重要です。
格安SIMには音声通話が行えるもの行えないものがあります。

 

音声通話(電話)とデータ通信ができるSIMを、音声通話SIM

音声通話ができずデータ通信のみできるSIMを、データSIM
と言います。

 

データSIMにはSMSオプションがあるものとないものがあります。
この違いはSMSというショートメッセージサービスが使えるか使えないかで、他にもSMSをつけるとラインのID検索が使えるようになりますよ。
オプションには料金がかかるため、つけると月額が100円ほど高くなります。

 

カードの大きさの違い

 

SIMカードの大きさには大きい方から、標準SIMカード、microSIMカード、nanoSIMカードと3段階あります。

 

最近の主流はマイクロかナノで、標準SIMはあまりありません。
しかし古い機種であれば標準SIMの可能性もあるのでしっかり確認してから購入しましょう。

 

回線の違い

 

これはトップページでも少し記述しましたが、ドコモ回線かau回線かの違いです。

 

実は一時期ソフトバンクもMVNOサービスを開始するような動きがあったのですが、企業に向けた説明が行われてから進展がありません。
ですから現状ではドコモとauの2種類ということになります。


格安SIMの選びかた

機能の違いなどから自分が使いたいスマホにあったSIMを選びます。

 

例えば、ドコモで買ったiPhoneを今までと同じように通話機能も使いたいなら、音声通話SIM、ナノサイズ、ドコモ系のSIMを選ぶと良いでしょう。

 

また、通話はガラケーで行いブラウザやアプリをauで購入したスマホで使いたいなら、データSIM、サイズはスマホにあうもの、au系のSIMを選びます。