格安SIM SMS

SMSはメールサービスのうちの、「ショートメッセージサービス」を指します。
メールには、SメールとSMSメールがありますよね。

 

Sメールは、ショートメール。長文の本文にタイトルをつけ、動画や画像などのファイルを添付して送ることができます。
送受信に使うのはメールアドレスなので、キャリアメールやフリーメールで使っているのはこちらです。
もう一方のSMSは、ショートメッセージサービス。70文字までの本文のみを送ることができます。
ファイルの添付はできませんが、送受信に電話番号を使うため、番号のみでアドレスを知らない相手にも短文を送れます。

“メールができる”以外のメリット

データSIMを入れたスマホでは電話はできないため、電話番号が割り振られません。
SMSオプションをつけることで、電話こそできないままですが番号を使ったメールの送受信ができるようになります。

 

それ以外のメリットは、SMS認証ができるようになるというものです。
SMS認証は、セキュリティがかかっているようなコンテンツにおいて電話番号を使用して行う個人認証です。
LINE、アメーバピグ、GREE、モバゲーなどで登録ログインや課金時に使用されています。

 

LINEに関しては、電話番号がなくてもフェイスブックのアカウントから、LINEのアカウントを登録することもできます。
もしフェイスブックを使用されているのでしたら、好きな方を選びましょう。

 

SMSオプションをつけるデメリット

毎月のデータ通信料にオプション料が追加されます。といっても200円程度です。
格安SIMの中にはデータSIMに限り、500円以下の価格で提供しているMVNOがありますが、オプションをつけると必然的に500円を越えます。

 

SMSオプションをつけないデメリット

一部の機種では、SMSをオプションをつけないことで2つの問題がおきることがあります。

  • アンテナピクト問題
  • 本来通信できるはずの場所にいても、データSIMを入れたスマホが音声回線がないと判断することで表示が圏外になってしまう問題。
    アンテナとは画面に表示される4本の電波のアイコンです。これが圏外になるため、電波が何本立っているのか分からなくなってしまいます。

     

  • セルスタンバイ問題
  • ここが圏外だと判断したスマホは、繋がる回線を探して動きます。
    過剰に動くため充電を消費しバッテリー切れが早まります。

 

これらの問題は全ての機種や格安SIMで発生するわけではありません。
格安SIMを入れてもメインの使用がWi−Fi環境化なら、オプションは必要ないでしょう。