SIMフリー 白ロム

 

どちらも、SIMカードを入れて使えるようにするスマートフォンのことです。
またざっくり分ければ、SIMカードを入れる前はどちらも実は白ロムと言って良いでしょう。

 

SIMフリースマホ

一般的にSIMフリースマホとは、キャリア以外から販売されているスマホのことを言います。
SIMフリーではないスマホにはSIMロックがかかっているため、同キャリアのSIMでなければ通信させることはできません。SIMフリーには制限がないのでどの格安SIM、あるいはキャリアのSIMでも通信させることができます。

デュアルSIM対応機種のSIMフリースマホは、ドコモ回線を借りた格安SIMもau回線を借りた格安SIMも両方させるので全ての通信をカバーできます。
最近は国内メーカーからもSIMフリースマホが増えてきたため、富士通のarrowsやSONYのXperiaの人気が強く、海外メーカーではASUSなどの人気が強いです。
SIMフリースマホについて詳しくは→

白ロム

白ロムの白とは、アドレス帳、個人情報、データファイルなどが一切入っていない、まさに真っ白である状態をさします。
これまで使用していたキャリアのスマホからSIMを抜いて中古携帯ショップで販売すると、これは白ロムとして売られます。

 

SIMが入っている状態で通信・通話ができるスマホは、反対に黒ロムと呼ばれます。
個人情報などが書き込んである状態になるからです。

 

中古携帯ショップで端末を購入する際、問題のある機種は赤ロムと呼ばれます。
スマホの本体の分割払いが払い終わっていないのに中古で売られているもの、前のデータが残っているもの、料金未納などでキャリアに通信が止められているためまともに使うことが難しいです。

 

ですから、中古携帯ショップで購入する際は詳細を確認して白ロムだと確信できたものを購入しましょう。

 

 

白ロムは一般的にSIMカードを抜いたキャリアのSIMのことを指し、SIMロックの解除の有無は関係ありません。
ロックされていても解除すれば、SIMフリースマホになります。ですからどちらも白ロムであり、ロックを解除すればSIMフリースマホであると言えます。