格安SIM 初期設定

格安SIMは、ネット購入の物ですと自分で設定を行わなければなりません。
これもコストを下げるための手段と言えるでしょう。設定と言ってもやり方は簡単なので、初心者でも心配いりません。
それでももしシニア世代の方など、何も分からないという方はお店で購入できる格安SIMを選ぶと設定をMVNO側が行ってくれたり、店員さんに直接きけるのでおすすめです。

初期設定

以上の3設定を行います!

 

それでは設定方法についてご説明しましょう。

 

SIMカードをセット

スマホ(またはタブレットなどの端末)にSIMカードを挿入します。
機種によって挿入口が違いますが、大半は側面、まれに背面にあります。まずは挿入口の蓋を外しましょう。
この蓋ですが、爪をひっかけてあけるタイプと、専用のピンやゼムクリップの先など細い物を使ってあけるタイプの2種類あります。小さな穴があればピンが必要です。
続いてSIMを入れるのですが、蓋を開けた際フレームのようなものがついてくる機種があります。これはアダプターやカートリッジと呼ばれるもので、穴にSIMをはめて端末に戻します。
カートリッジがない機種は端末の穴に直接SIMを挿入します。
いずれもSIMの向きが間違っていると、うまく嵌らなかったり蓋が閉まらなかったりします。

 

SIMカードを触る時は、金属の基盤の部分をなるべく触らないようにしてください。

初期設定

また、SIMカードの挿入口とマイクロSDカード(メモリーカード)挿入口は同じですので、SDも一緒にセットしてしまうと楽ですよ。

 

APNで回線を繋げる

各キャリアのインターネット回線に接続するため、APN設定を行います。APNとはアクセスポイントネームの略称です。
この設定を行わないとインターネットが使えないので、アプリをインストールすることもメールを送ることもできません。圏外のままです。

 

設定方法はこちら!

 

ホーム画面からの「設定」アイコンをタップ

 

データ使用

 

その他の設定

 

ネットワーク設定

 

モバイルネットワークのモバイルデータ通信にチェックを入れる

 

ネットワークモードを設定し「アクセスポイント名」からAPN設定

 

「新しいAPN」をタップして新規作成画面を開く

 

SIMの台紙、説明書、MVNOの公式サイトに載っている「APN、ユーザー名、パスワード」などを入力

 

保存→これで完了です!

 

格安SIMを購入すると、説明書やSIMカードが嵌っていた台紙などに必ずパスワードなどが載っているため確認してください。

 

Googleアカウントの取得

iPhone以外のスマホは全てAndroidです。AndroidはアプリのインストールをGooglePlayというブラウザで行います。
このGooglePlayを含めたGoogle系サービスを利用するにはアカウントの取得が必要です。

 

インターネット回線に繋がったら自動で「Googleアカウントをお持ちですか?」という質問が表示されます。

 

  • キャリアでスマホを使っており、格安SIMに乗り換えた方はそれまで使っていたアカウントがあるため→「はい」を選択します。
  • こちらはそのままお持ちのGoogleアカウントにログインすれば終了です。

  • 初めてのスマホであったり、既に持っているけれどアカウントを新たに作りたいという方は→「いいえ」と答えてください。

 

続いて自分の氏名、ユーザー名、パスワードを設定します。
ユーザー名は何でも構いませんが、誰かが使っていると同じものは使えません。パスワードは自分が覚えやすく、特定されにくいものがおすすめです。

 

また、ユーザー名は最初のGmailアドレスで「ユーザー名@gmail.com」という形で使用されますので、よく考えて設定しましょう。
Gmailはフリーメールの1種なのでキャリアメールの代わりに使用するスマホユーザーが多いです。

 

アカウントを取得すると、バックアップ設定の画面に進みます。
機種変更などの際バックアップがとってあると変更がスムーズにできます。項目をチェックして設定しておきましょう。