OCNモバイルONE

 

こちらで紹介するのはOCNモバイルONEです。
NTTコミュニケーションが運営するインターネットプロバイダ事業のOCN、このサービスの一環で取り扱っている格安SIMがOCNモバイルです。
プロバイダとしてもシェア数が高いOCNは、信頼性も高いためMVNOとしても業界シェア第1位となっています。NTTなので、ドコモのMVNOになります。

 

OCNモバイル

OCNモバイルONEの特徴

  • OCNでんわでかけ放題
  • 電話アプリの「OCNでんわ」は、月額無料です。
    また、月額850円で5分以内の通話がかけ放題になる5分かけ放題プランもあります。
    さらにかけ放題プランは、2017年1月31日まで10分かけ放題に延長されています。

     

  • FOMAエリアにも対応
  • LTEだけでなくFOMAエリアでも通信可能です。より広くドコモの回線を使用できます。

     

  • 毎月コースの変更が可能
  • OCNは、各SIMで容量別に6つのコースがあります。少ない物が110MB、多い物が15GBあり使用用途に合わせて選びますが、このコースを月毎に変更することができるようになっています。
    外出が多い月は15GB、あまり使わない時は3GBと変更すると、データ通信容量が無駄になりません。

     

  • OCN光でさらにお得
  • 光回線とOCNを一括にして提供するサービスで、フレッツ光を契約されている方も転用できます。
    OCN光は毎月のOCNモバイルの料金も割引になります。

     

     

  • アプリでサポート
  • OCNの「マイポケットプラス」というサポートアプリでは、スマホやSIMのことなどを電話できくことが出来ます。
    まだクラウドにデータを保存できるため、本体やSDカードの容量を圧迫しません。初月無料で月額500円のサポートになります。

     

  • セキュリティアプリ「マイセキュア」
  • こちらも初月無料で月額250円のセキュリティアプリになります。
    不正サイトやアプリのブロック、検出、端末内やSDカード内のウイルスチェックと隔離を行うアプリです。また、スマホを紛失した際に現在地特定、遠隔で操作ロックによる不正利用のブロックをしてくれます。

     

  • IP電話でセット割適応
  • OCNでんわとは別の、IP電話アプリ「050plus」が割引価格でご利用いただけます。
    IP電話はデータSIMでも使えるため、使いたいSIMに合わせて選ぶことをおすすめします。もちろん、音声通話SIMで契約し番号の使い分けを行うことも可能です。

     

  • データ通信の管理
  • 使用容量の確認ができるので、通信制限が近づいたら軽いサイトを見る際は低速通信に切り替えましょう。
    この管理はウィジェットで行えるため、圏外でも手軽に確認・速度切り替えをすることができます。