格安SIM MNP

auからドコモなどキャリアをまたいだ乗り換えをする時、キャリアを解約して格安SIMに乗り換える時など、何もしなければ電話番号も解約されてしまって使えなくなってしまいます。
MNPの手続きをして、格安SIMに乗り換えた後も同じ電話番号を使いましょう。
ちなみに、乗り換えでMNPを利用することを、「MNP転出・MNP転入」と言います。

 

MNPとは、Mobile Number Portability (モバイルナンバーポータビリティ)の略称です。
名前の通り、電話番号をキャリアの乗り換え時に持ち歩ける制度のことを言います。
番号が変わってしまうのはメールアドレスが変わる以上に大変なのです。

 

番号が変わらないメリット

  • LINEのIDもキャリアをまたいで引き継げる
  • LINEのアカウント登録でIDを作る際にはキャリアから割り当てられた電話番号が必要です。
    IDが変更になると、アカウントを登録するところからやり直しとなり、同じIDを使うことができません。

     

  • SMSもそのまま使える
  • SMSは電話番号でやりとりするショートメッセージです。電話番号が変わらないのでこちらもそのままお使いいただけます。

     

MNP転出の手続き

転出には、キャリアが発行するMNP予約番号というものが必要です。
キャリアからの転出でもMVNOからの転出でも、転出手数料がかかることがあります。ですからなるべく解約前に予約番号を発行しておくといいでしょう。

 

ここで注意しなければならないのは、予約番号の有効期限が15日間である点です。
番号を発行してもらいキャリアを解約しても、スマホが用意できておらず15日が過ぎてしまうと番号は使えなくなってしまいます。
有効期限を過ぎてしまったらキャリアから再発行してもらいます。

 

予約番号発行方法

予約番号を発行するには、各キャリアの店舗で申し込みをするか、下記の電話番号に電話して申し込みます。

 

ドコモ 0120-800-00

 

AU 0077-75470

 

ソフトバンク 0800-100-5533

 

電話対応は午前9時から夜8時までとなっているのでご注意ください。

 

転入方法

各MVNOによって異なるため、なるべく乗り換え先を決めてから転出手続きと解約を行うようにしましょう。