格安SIM 買い方

格安SIMを買うには、スマホが手元にあるか無いかと、購入場所(方法)の2つがポイントになります。
使いたいスマホが手元にあればSIMカードのみの購入、スマホがなければスマホとSIMカードをセットで購入します。

買い方

スマホは、過去に自分が使っていたキャリアのもので家にあるものや、中古携帯ショップで販売されている白ロムです。

 

続いて購入場所と方法です。
購入できる場所は2つ。インターネット上の通信販売か、店舗での取り扱いがあるSIMを選んで店頭購入です。

 

インターネット通販で買う

格安SIMは各MVNOのサイトから会員登録をして購入します。
購入画面では、音声通話SIMとデータSIMどちらかを選択、データSIMを購入するのであればSMSオプションをつけるかつけないかを選択し、SIMのサイズを選択、自分にあったモバイルデータ通信容量を指定します。
通信販売ですと、SIMカードは郵送されてくるのであとは届くのを待ちましょう。

 

SIMフリーのスマホも、MVNOのサイトでSIMとセットで購入できます。

 

SIMフリーのスマホはMVNOのサイト以外でも、Amazonや楽天市場などの通販サイトで販売しているものでも使えます。
ただ、MVNOのサイトから購入時、同時に申し込まないと加入できないオプションもあるため注意しましょう。
MVNOでのみ取り扱っている限定色のスマホもあります!

 

お店で買う

店舗で買える格安SIMは、家電量販店にコ―ナーが設けてあり委託販売されているものと、企業がMVNO事業を行って直接販売しているものと2種類あります。
後者はイオンリーテルのイオンモバイル、ビックカメラのBICSIMなどで、こちらは購入時に開通や乗り換えの手続きができるためすぐに使えるようになります。

 

また、お店で購入の申し込みをしても、郵送で後日届く場合もあり必ずしも即日開通とは限らないため注意してください。

 

電話で申し込んで買う

通販のように、申込みをインターネットだけでなく電話でも行っている場合があります。


購入時にかかる金額

販売価格の他、契約料や開通料で初期費用3000円がかかります。
購入後は毎月の利用料やオプション料だけになります。