格安SIM 機種変更

格安SIMで機種変更をする時は、スマホのバックアップなどの機種変更に必要な操作を全て自分で行う必要があります。
やり方が分かれば決して難しくないので、こちらで手順を確認してみましょう。

 

一番大切なのはバックアップ

バックアップをとっておかないと、機種変更後の端末に過去のデータを移すことができません。
ガラケーからスマホに乗り換える際も、スマホからスマホに機種変更する際も、キャリアから格安SIMに乗り換える際もバックアップは大切な作業になります。

 

移すデータは画像、動画だけでなく、電話帳に登録している電話番号やアドレス、ブラウザのブックマークなどです。

 

画像、動画、音声データは「自動バックアップ」でフォルダごとバックアップする。

SDカードやストレージの中身は、自動バックアップされるようにプログラムされているためオフにしている方は必要なものを選んで自動バックアップの対象にしておくと良いでしょう。

 

バックアップ用のアプリを利用する。

バックアップをするためのアプリがあります。GooglePlayなどで検索すると沢山ヒットするので口コミを見て利用してみましょう。
また、契約したMVNOによってセキュリティの一環にバックアップが含まれていることがありますので、その場合はそちらを使ってみましょう。

 

SDカードにバックアップする

端末に入れたSDカードに、本体のデータをコピーして差し替えます。
特別な操作はいらないため、これが一番簡単ですがSDカードの空き容量が足りないと移しきれず、コピーするデータが多いと時間がかかります。

 

Googleアカウントのサービスを利用する。

Gmailを使っていると、アドレスは端末かGoogleアカウント上の両方に保存できる設定になります。この際Googleアカウントに保存するようにすると、新しい端末からもアカウントにログインするだけでアドレスを呼び出せます。
端末に保存している場合はあらかじめコピーしておきましょう。

 

画像はGoogleクラウドのGoogleフォトに保存すると、こちらもアカウント同期でデータが呼び出せます。

 

SDの代わりにパソコンを使う。

空き容量がない、データ量が多いという方は、パソコンにマイクロUSBで繋いでデータをコピー、移すと簡単です。
保存場所を間違えないように注意しましょう。

 

 

アプリの引継ぎコードを発行する

会員登録や必要なサイトやSNS、一部スマートフォンゲームは新しい機種で使い続けるために引継ぎコードが必要です。
ブラウザ版の同コンテンツがアドレスやパスワードで利用できるタイプなら必要ありませんが、LINEはコードがないと引継げないのでご注意ください。

 

新しい機種に同じアプリをインストールしたら、機種変更を選択しコードを入力すれば完了です。
引き継げたら古い機種のアプリは削除しましょう。

 

中にはコードに有効期限があるアプリがあります。説明をよく読んでから発行しましょう。