格安SIM IP電話

 

データSIMでは、スマホの音声通話機能を使うことができません。電話回線に繋げられないからです。
このため音声通話SIMよりは安価になっています。SMSオプションをつけるとSMSメールを送ることもできます。

 

しかし、モバイルデータ通信で音声を送るIP電話なら使えるのです!

 

IP電話という言葉に馴染みがないかもしれませんが、SkypeやLINEの通話機能もIP電話です。

 

Skypeはパソコンで通話することもでき、音声だけでなくリアルタイムで映像の送受信も可能ですね。
これは電話回線ではなく、ネット回線を使っているからなんです。

IP電話を使うメリット

  • アプリによって電話番号を持つことができる(050から始まる番号です)
  • 音声通話SIMの音声通話より安い
  • Wi−Fi環境化での利用も可能

 

IP電話を使うデメリット

  • 110、119などの緊急通報には電話をすることができません
  • 一部音質に問題がおこる場合がある

 

緊急通報に繋がらないというのは、万が一の時大きなデメリットになります。
ですからもし自宅に固定電話がなく、通話用にガラケーを持っているという訳でもないのでしたら、音声通話SIMでのご契約をおすすめします。
データSIMのスマホとIP電話のみで、キャリアのスマホと同じ使い方をするのはやはり不便が生じます。

 

電話番号を持てるIP電話アプリ

SkypeやLINEには電話番号ないので、こちらのアプリを使いましょう。

  • 050 Plus
  • 月額300円の有料アプリです。

     

    通話料は
    固定電話へ発信 3分8.64円
    固定電話から着信 3分11.664円
    携帯電話へ発信 1分17.28円
    携帯電話から着信 各通話料に準ずる

     

    050の同アプリ同士の通話料無料で、海外からの電話でも通話料が変わりません。
    また、留守番電話をメールで通知してくれるためキャリアの電話同様に使えます。

     

  • SMARTalk
  • こちらは月額無料なので、通話料のみかかります。

     

    通話料は30秒あたり8円
    携帯でも固定電話でも変わりません

     

    同アプリ間の通話料は無料で、スマホに登録した電話帳から発信可能です。

 

さらに、どちらも着信があると自動で立ち上がるため、普通の電話のように使えます。
ただやはり緊急通報に電話をかけることはできません。

 

海外に向けても安い通話料でかけられるため、海外の友人との連絡をSkypeなどで行っている方が多いのです。