格安SIM キャリア 違い

 

これまで格安SIMの特徴に触れてきたので、こちらではキャリアのSIMについてご説明いたします。
キャリアのSIMにはSIMロックがかかって制限されているため、たとえ同じ機種であってもSIMと同じキャリアから提供された端末でなくては通信することができません。ドコモのiPhoneにauのSIMを入れても使えません。XPERIAやgalaxyも各キャリアから同じ機種が出ていますが、これも各キャリアのSIMでなければ通信できないようになっています。

キャリアのSIMで出来ること

格安SIMでは出来ないキャリアメール、キャリア決済ができます。契約者向けのサービスが使えるようになり、補償もありますがその分利用料が高額になりがちです。
また、格安SIMは回線を借りている立場になるため回線混雑時はキャリアが優先して通信されると言われています。昼や夕方の帰宅ラッシュの時間に一部格安SIMが繋がりにくくなると言われていますが、この時間キャリアが優先されています。

 

最大の特徴は、音声通話のプランが豊富な点です。
格安SIMには音声通話向けのプランがあまり多くなく、無料で通話が行えるプランもありません。代わりにIP電話の無料アプリがあります。
キャリアにはキャリア間の通話無料などかけ放題プランがあることが特徴です。
ただ、ここ最近で格安SIMにも音声通話に特化したプランが増えてきました。有名なものは楽天モバイルですので、チェックしてみましょう。

キャリアでもSIMのみの契約は可能(一部)

SIMフリーの格安スマホにキャリアのSIMを挿して使うこともできます。電波に条件があるようで、全てというわけではないようですができます。
例えばデュアルSIMのSIMフリースマホに、キャリアのSIMと格安SIMを入れてキャリアで音声通話、格安SIMでデータ通信という使い方も可能です。

 

ただ、キャリアの割引は端末の分割払いをして初めて適応されるものもあるため、SIMのみの購入・契約となると割引されない可能性もありますのでご注意ください。

端末の費用は変わらない?

格安スマホもキャリアのスマホも、新機種は比較的高額で、古い機種になればなるほど型落ちした分値段が安くなります。
格安スマホは安い物だと1万円で購入できるものもありますが、ハイエンドモデルだと値段が10万円を超えるものもあります。

 

キャリアのスマホも高スペックであったり大容量のものは、安い価格では出回らないため端末自体の費用には大きな差はありません。