格安SIM au

 

格安SIMは、キャリアの回線を借りて通信を行うことで設備費用などのコストを削減することで通信費を安くしています。
回線を借りて通信を行う事業をMVNO事業といい、利用者はMVNOから格安SIMを購入しスマホを使えるようになっています。

 

MVNOに回線を貸しているキャリアは、現在はドコモとauの2社です。
一時期ソフトバンクからもMVNOを行うというニュースがあったのですが、進展や発表まだないので今後に期待したいですね。

 

キャリアの利用者の割合は、ドコモが抜きん出て多く、au、ソフトバンクの順で続きます。

 

このためか、MVNOもドコモの回線を借りているところが圧倒的に多くなっています。

 

auから回線を借りているMVNOは、UQmobilemineoと2つになります。

 

ですからauのスマホで格安SIMを使いたいという方は、こちらの2社から選びましょう。

2つを比較

UQmobile

auのみから回線を借りているのは、UQmobileだけです。

 

au回線とドコモ回線を比べてのメリットは、利用者が少ない分通信速度が早いという点です。
UQmobileはMVNO業界最速の通信速度です。

 

また、無料通話のあるプランがあるため、今までのように電話をお使いいただけます。
MNP転入は即日でできるため、格安SIMに入れ替えた日に電話ができるようになります。

 

データ通信はアプリで管理可能で、データ通信の速度切り替えも簡単に行えます。

 

UQモバイル

 

 

mineo

mineo(マイネオ)はauだけでなく、ドコモの回線も借りており両社をプランで区別しています。
このため、両社のスマホを持っている場合はmineoを選択すると楽です。

 

ですが、mineoのドコモ回線の格安SIMをauのスマホに入れても通信できるようにはなりません。
SIMロックの解除をするか、各キャリア対応の格安SIMを用意する必要がありますのでご注意ください。

 

mineoのメリットとしては、2種類の通話定額プランがあることとパケットをシェアできる人数がとても多いところです。
家族だけでなく、mineoユーザーに独自のコミュニティを通じて余ったパケットを渡すことができます。

 

定額なので音声通話もお得に使えます。

 

こちらもデータ通信はアプリで管理できる他、通信速度の切り替えもすぐに行えます。

 

マイネオ